徒然ナルママニ
by papu-papu
カテゴリ:ひょうごのマメ( 11 )
兵庫県のマメクワガタ 2013
b0025738_17181872.jpg

県下でのマメクワガタの記録としては2ヶ所が知られています。(仮にA地区・B地区とします)
先ず年末に友人達を連れてA地区へ、そして今日、単独でB地区(4年ぶり?)へ行ってきました。
どちらの場所も過去多くても十数頭の個体を確認するのがやっとでしたが、今回両地区とも短時間でこれまでの数倍の個体を確認することができました。個体数が増えてるんだとしたら喜ばしいことです。
[PR]
by papu-papu | 2013-01-02 17:41 | ひょうごのマメ
プチ採集オフ
岐阜のN氏を迎えて黒系小型クワガタ3種を狙いに兵庫県某所に行ってきました。
あんなとこ上ったり、こんなとこ下りたりしながら、それぞれ地味~に採集。
実質採集時間は3時間。何とか目的のチビクワガタ、マメクワガタ、ネブトクワガタの3種成幼虫を採集する事ができました。
採集時間よりも長い時間をかけて帰られるNさん、お疲れ様
最近太って体力が^^;と言ってましたが、南紀行脚を終えてすぐに兵庫遠征に来られるんですからなかなかのタフネスだと思いますよ。
b0025738_19335556.jpg

戦利品のマメ、ネブト(チビは撮り忘れた)
[PR]
by papu-papu | 2007-03-29 19:38 | ひょうごのマメ
パラダイス計画 その後
2005年秋にパラダイス計画第2弾として現地箱庭飼育?していたマメ材を暴きにいきました。
セット時に確認できたマメクワガタは成虫1頭、幼虫7頭だけ。
b0025738_20582867.jpg

メインの材(種材と同じモチノキ)は蟻の巣と化してて失敗でしたが、
一緒に並べておいたスダジイには・・
ヤッタ!居ました幼虫が。
細身の体とお尻の黒い線、マメです。
削る度に幼虫が現れます。パラダイスには程遠いですが、無事世代交代してくれてるようです。
b0025738_205634.jpg

あとは成虫の顔を拝んで今回の確認は終了なのですが、
出てくるのは何故かヒラタハナムグリばかり。
b0025738_20592610.jpg

やっと発見、1頭のみ^^;
もう一方の産地もですが成虫を見つけるのは苦労します。
既に死んでいる幼虫も何頭か出てきたんですが、無事に羽化できるほどこの場所は良い環境ではないのかもしれません。
b0025738_214122.jpg

[PR]
by papu-papu | 2007-03-08 20:56 | ひょうごのマメ
ひょうごのマメ 2産地目確認
b0025738_22594985.jpg

恒例になった某所でのマメクワガタ探索に行ってきました。
小型愛好会のK氏らによってすでに生息は確認されていたんですが、自分の目で確認するまでは
やめる訳にはいきませんからね。

b0025738_031484.jpg いつも休憩に使わせてもらってる神社で採集祈願。
今日は特別に本殿にあがらせていただきました。
ここの奥さんは蝶がお好きで、ご自身で採集された蝶の標本を多数所有されてます。
近所で採ったというイシガケチョウとゴマダラチョウの話を伺ったあと
「では、いってきまっす!」
b0025738_035823.jpg確実にいることが分かってるとこうも違うものかと思うほどあっさりと見つかる。
直径40cm、長さ2m程のシイの倒木でした。
ただ材が硬くて端から30cm削っただけで嫌になりました。
太くて硬いのは嫌い。
腕痛いし、散らかるし。
オオクワやヒメオオの材採集にはたぶん嵌らないでしょう。
成虫1頭、幼虫数頭を割り出して終了。

採集を終えて
もう一方の産地と比較すると生息個体数はやや多いか。
数年のうちに倒れそうな老木や立ち枯れなどはありますが、樹木密度が濃く樹間が狭いうえに巨木が多いので殆どが浮遊倒木になりそう。マメクワが潜り込みそうな接地材もあまり多くありませんし、伐採などの人の手も全く入ってませんので運良く地面に落ちた枝や立ち枯れの露出根が今後のホストとなりそうです。
やはりここも慢性的な適材不足で個体数維持が精一杯で増加は見込めない状況でした。
[PR]
by papu-papu | 2006-03-10 01:25 | ひょうごのマメ
突然の採集報告
「兵庫産マメ採りました~!」
小型種仲間のK氏からの一報が入ったのは昨夜の事である。
いや驚いたのなんのって。
マメGETもそうですが、それよりK氏から電話が掛って来たって事にビックリ!
これまで掲示板やメールでしかお話した事がなかったですからね。
でも凄く嬉しかったです。
それにしても兵庫マメ初挑戦で結果を出されるとは流石です。

K氏が採集された場所というのは私も何度か挑戦してるエリアだったんで、
聞いちゃまずいかと思いながらも「どの辺りへ行かれたんですか?」とついつい聞いてしまいました。んが、聞いてビックリ(がっくり)。採集場所は主に2ヶ所。そのどちらもよ~く知ってる。1ヵ所はコクワ三昧、もう1ヵ所ではヒトオビアラゲカミキリを採集した場所やないですか~!
オマケに材種まで同じのようで。
あ~何と言うマヌケ(トホホ) 狙いは良かったんや。けど材を見る目が無かった。
これが腕の差というものなのか・・・・(グスン)

で、恒例の某所採集ですが。
来月予定してたけど、前倒ししよかな・・・・。^_^;
[PR]
by papu-papu | 2006-02-08 03:06 | ひょうごのマメ
パラダイス計画 第2弾

ウバメガシ
b0025738_22555529.jpg昨夜からの雨も夜明前には上がり
雨中の作業を免れた事に胸を撫で下ろす。
ここは春に来た常緑照葉樹の森。

植生密度が低い為、林内は明るく乾燥が激しい。
ホストとなる朽木が少ない上に
乾燥した材ばかりでは飛翔能力が乏しく
そこで生きていくしかないクワガタには辛かろう。
よっし、そんな時は「あるある探検隊」じゃなくって
「パラダイス計画」や!(笑

ウラナミシジミ
b0025738_042715.jpg持ち帰らないで現場で殖やしてしまおうと言うのが
「パラダイス計画」。要領はネブトの場合と同じ。
良い材を見つけて良いポイントに置くだけ。
「適材適所」ですね。
材採集については否定的な方も多いが
割らなきゃ解からない事もある。
生態を知る事が保護の第1歩なのだー!
と誰かも言うてますやろ。(誰が?)
ま、この計画自体は純粋な保護目的というより採集欲求を満たす為に殖やしときたいだけなんですけどね^_^;

マメクワガタ
b0025738_035622.jpg
材はソダ場で物色しウバメガシやスダジイの硬材を調達、そのあとは種親探し。
ウバメガシから成虫1頭発見!
コクワガタ成幼虫とアリが同居しとりました。

半埋もれの白蟻に黒腐れのネブト好みの材を見つけたので端の樹皮を捲ってみると・・・・
4,5,6・・幼虫が居る、それもネブトじゃなくマメクワガタが。
樹種はモチノキ(クロガネモチ?)。。今までノーマークだった木ですねぇ^_^;
おっし、ここにしよう!急いでクロガネモチも拾ってくる。
幼虫入りの材を元に戻し、調達した材を横に並べて。。
さっきの成虫をそっと放つ。1年後マメクワだらけになっている事を願って。

どうする?♂♂
b0025738_1522420.jpg
意に反して割り出してしまったんで、持ち帰りました。
ペアなら良かったんですけど、どっちも♂っぽいですよね。
小さ過ぎて良く確認できませんが、尻先の象の鼻みたいのは生殖器?
[PR]
by papu-papu | 2005-10-27 23:56 | ひょうごのマメ
マメ羽化!
              1、2、3、4、5、6・・・・ん?1頭足りない。
              ま、いっか。
b0025738_2317511.jpg

              兵庫産マメクワガタ
              アヤシイ幼虫もいたけど
              全てマメになりました。
              ヨカッタ(^^
b0025738_2320556.jpg

[PR]
by papu-papu | 2005-05-28 23:19 | ひょうごのマメ
待ち遠しい
b0025738_0294468.jpg

              まだかな、まだかな~?
              マメのつもりで持ちかえった幼虫ですが
              羽化まで安心できません。
             
[PR]
by papu-papu | 2005-05-18 00:33 | ひょうごのマメ
下見
亀岡~猪名川方面?
b0025738_2217873.jpg朝から家の雑用で拘束され
解放されたのが10時。
遠出するには中途半端なので
丹波方面へ下見に出かけることにした。
少々気になる場所もある。
びゅーんと車を飛ばせば40分のはずが
前のトラック遅すぎ。(-_-メ)


兵庫丹波の総面積 87.094ha。森林率はなんと約75%(@_@)
藤村風に言うと「丹波は全て山の中」なのである。
植生を多い順で見てみると代償植生(2次林)が全体の約40%でアカマツとコナラが大半を占める。次ぎにスギ・ヒノキの植林植生が約30%、耕作地植生が18%となっていて、自然植生はわずか0.6%しかない。  こんな所にマメ狙いでくる奴は誰もおらんわな~。(^^ゞ
海まで40km以上
b0025738_2230645.jpg予定通り車をデポしたあと目的地までは山登り。
途中で山主のおじいさんと出会った。
所有地内には貴重な動植物も多いので
老後の楽しみに勉強しながら管理していると言う。

「○○見た事あるか?こう白うて綺麗な花」
「△○トンボは?」
「■×ドジョウって知ってはるかな?」

次ぎ次ぎに繰り出される『あれ知ってるか攻撃』、 こら負けてられんとクワネタで応酬!
ネブトの材採話をすると興味をもたれたようで思いっきり食いついてきて所有するマツタケ山で試して見ると言い出した。マツタケは好気菌なので地表近くの生きた根に寄生する。
落ち葉掻きなどの管理をしなければ菌が空気に触れずに死滅するそうだ。
地面掘ったり、朽木をバラしたりの採集ならついでに出来るから好都合だと言う。
でもマツタケ山はどうかな~?とはおじいさんの顔を見てたら言えなくなってしまった(^^ゞ

b0025738_1375586.jpg一頻り生き物談義をしたあと
「これなんか判るか?^^」 ・・・またか(^_^;)
見ると道沿いの老コナラにシイタケ。
材にせずそのまま植菌したそうだ。
「こんな目立つとこやと盗られませんか?」
「採ってもうてええねん。その為にやっとんのやから」
山歩きの記念にという事らしい。


幸せな気分にしてもらったお礼を言って目的地へと向かった。
「ゆっくり登んなさい」と言われたがダッシュや!
長話し過ぎて時間がない(^_^;)

急坂の登山道を駆け上がり(気持ちだけ)1時間20分かけて到着!
おおお!素晴らしい!!巨木はないがこれほどの群落は県内にも数えるほどしかない。
目隠しされて連れてこられたら、ここは南紀か?と思うほどだ。
写真♪写真♪





デジカメこわれたぁ(T_T)

シャッターを押すと記録メディアに読み込む途中でフリーズして全く動かなくなる。
一旦電池を抜いて強制終了してから再度試す。
が何度やっても同じ。
下見に来て現場写真が撮れないとは・・・・とほほ。

時間も無いので気を取り直して少し散策してみたが材は少ない。
やっと見つけても何故かグリーン枯れが多い。
グリーン枯れなんてオニクワ採集に高山へ行って以来かも。
落ち枝を何本か削ってみたがコクワ1匹でず。
でも何か変わったものが潜んでいそうな臭いがプンプンするぞ!
それは、きっと・・・ふふふ、マメやな
機会があれば時間をかけてじっくり探索してみたいと思う。
[PR]
by papu-papu | 2005-03-10 02:29 | ひょうごのマメ
西部戦線異常あり
b0025738_23293918.jpg暫く休んでた兵庫ネブト調査を再開!
手付かずの西部方面へ出撃です。
現場の山に到着した時には
昨晩から降っていた雨も止み一安心。
しっかし、今年の水曜~木曜は雨多いなぁ(鬱)
倒木をチェックしながら1時間程山登り。
アカマツなんて何処でもあるやろと思ってたけど
ぜんぜんないやんか~^_^;
b0025738_014279.jpg
見渡せばスダジイやウバメガシばかり。
どちらも兵庫を代表する樹木で珍しくはないが。
アカマツ以外の採集は経験が少ないので苦手。
ぬた場近くでスダジイの材を起こしてみた。
下はカブト様の住居、上からはヒラタ?幼虫が数頭。
100パーコクワも1頭(-.-)

b0025738_026841.jpgここで鍬を斧に持ち替える。
実はここは密かにマメいるかもリストに
入れていた3ヶ所のうちのひとつで
念のため手斧も持ってきてたんよね^^
方向転換してすぐ
スダジイの落ち枝で怪しい幼虫発見!
材は柔らかめ。
あまり良い材とは言えない。

b0025738_131037.jpgさらに幼虫1頭を追加したあと
でた~!マメやああ!
見た瞬間にそう思った。
既に頭の中がマメだらけだった為なのか
ともかく全体から受ける印象がチビではないと。

b0025738_1314593.jpg蛹室らしきものも数個発見したが
全て☆った蛹らしきものが入っていた。
マメにとってはやはりこの地は過酷なのだと思った。
その後、別の材で成虫1頭追加。
さらに
樹種不明の白枯れ材を削ってみると
でたかぁ?!

b0025738_1455992.jpgなんや、君かいな^^;
しかし何時見てもカワイイねえ♪
もっといないか削ってみたが結局1頭だけ。
かわりにカミキリ幼虫2頭、別種と思われる。
何カミキリになるか興味があったので
材ごと持ちかえることにした。

b0025738_1552153.jpg採集を開始してから既に4時間。
これまでの結果はマメ成虫2頭に幼虫2頭
あと数頭追加するまで頑張ろう。
ふと見ると道沿いに集積してある枝打ち材があった。
樹種不明だが下部に1本だけウバメガシ発見。
コクワ幼虫に混じってマメ成虫1頭、幼虫5頭。

これで成虫3頭、幼虫7頭。まあ、こんなもんかな~
広くはない森、探し方が甘いのかもしれない。
でも何となくこれ以上採ってはいけないような気がして時間は早いが採集終了。
ここへは棲息確認の為に訪れることはあっても採集は今回で最後と決めた。

次ぎのマメは3度目の正直で例の島ですね^^
[PR]
by papu-papu | 2005-03-03 23:27 | ひょうごのマメ


リンク

お気に入りブログ
Kuwamitsu Diary
デジカメ写真術
昆虫ブログ むし探検広場
クワカブ文庫
mituchiiのクワカ...
くろせのはな  今日の花
kazupapaの気まぐ...
くろせの虫 今日の虫
撮影日記
だって おばちゃんだもん
些昆虫記
昆虫情報ブログ
のんびりblog
Lycaenidaeの蝶...
saunterA散歩道

カテゴリ
全体
お知らせ
くわがた飼育話
くわがた採集話
里子達
散策記
森のクラフト
ひょうごネブトMAP
ひょうごのマメ

草花
蘚苔菌
蜘蛛
蝶・蛾
その他の昆虫
お尋ねムシ
カエル
野鳥
葉・芽
未分類

タグ
(8)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック
フタスジカタビロハナカミキリ
from くろせの虫 今日の虫
ツグミ
from くろせの虫 今日の虫
カメムシと格闘
from カメムシ

以前の記事
2015年 04月
2014年 04月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧