徒然ナルママニ
by papu-papu
<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
サービス精神旺盛なモズ♀
電線で見かけることが多いモズが珍しく目線の高さに。
b0025738_20151542.jpg

「アタシこの角度の方が自信あんのよ」と向きまで変えてくれた。
b0025738_20165339.jpg
      2007.01.25 高砂
[PR]
by papu-papu | 2007-01-29 20:22 | 野鳥
暮れなずむジョウビタキ
夕刻、公園の池ではバサー二人がキャスティングを繰り返していた。
彼らがさかんに探っているポイントはまさにカワセミお気に入りの場所で、カワセミ狙いでやって来た私にとってはなんともがっかりな光景でした。

恨めしく思いながら近くのベンチに座っていると目の前に一羽の小鳥がやってきました。
ジョウビタキのオスです。

夕暮れの中、オレンジ色の光線に照らされ浮かび上がる鳥影。
残念な結果になると判っていてもつい撮りたくなるシーンです。
雰囲気、雰囲気^^;
b0025738_2117937.jpg

2007.01.25 高砂
[PR]
by papu-papu | 2007-01-28 22:40 | 野鳥
朽木の中から
鳥撮の合間、ボロボロに朽ちたヤナギの枝を手で割ってみると何やら越冬中の虫が出てきた。

b0025738_3295680.jpg
マイマイカブリです。
全身真っ黒だと思ってましたが、触角や口ひげの先が真っ赤です。眼も少し赤いですね。

b0025738_3301435.jpg
なんかエイリアンっぽいぞ。
叩き起こされて迷惑だったのでしょう、最初は動かずにいましたが暫くして不機嫌そうにのそのそと歩き始めました。

b0025738_3303045.jpg
キラリ!と金緑色の虫も出てきました。アオゴミムシでしょうか?

b0025738_4255117.jpg
ヒゲジロハサミムシ。触角の先と足が白いのが他種にはない特徴です。
ワインレッドのハサミが綺麗ですね。

ハサミムシは子育てする虫で、母虫は冬の間ずっと卵を守り、孵化した幼虫にはエサを与えます。捕ってきたエサを与える種も居るようですが、このヒゲジロハサミムシの場合は自らの体をエサとして与えるようです。カマキリのオスがメスに食べられるように、生きたまま子供達に食べられてしまう。残酷なようですが、これも子孫を残す為の知恵なのでしょう。
人間だったらホラーですけどね。
[PR]
by papu-papu | 2007-01-27 03:27 | その他の昆虫
ツグミ
有馬富士公園へ行ってみたが、メンテナンスデーだったようで園芸業者や清掃ボランティア?の方たちが作業中。そのせいかどうかは判らないが野鳥の姿もまばらである。
時々聞こえる小鳥のさえずりもすぐにチェーンソーの音にかき消されてしまった。


いつもはホオジロやカラ類が集まる草地。
今日はツグミのグループがエサをついばみに来ていた。
図鑑によるとツグミには単独でナワバリを持つものと群れで行動するものとがいるらしい。
b0025738_20342996.jpg

b0025738_20345662.jpg


キッピー山のラボで野鳥写真の展示が行われるようですね。
準備中でしたが、壁にはすでに何枚かパネルが貼ってありました。
どれも素晴らしい写真ばかりで暫く眺めていました。

今日の収穫・・・初めて青いルリビタキを見たこと。
今日の反省・・・3mまで近づきながら証拠写真すら撮れなかったこと。
          「とりあえず切っとけ、シャッター」
[PR]
by papu-papu | 2007-01-18 21:59 | 野鳥
初めてのカワセミ
姫路からの帰途、高砂市のネブトポイント近くの池に立ち寄りました。
ここにカワセミ夫婦が常駐していることは知っていましたが、撮影するのは始めてです。
なんせ以前は野外に出てもネブト探索が中心で野鳥には殆ど目を向けませんでしたから。
b0025738_19592972.jpg

距離があってこの程度しか撮れません。
変な光も入ってるしピントも・・・せっかくの出会いなのに残念!
ハトより小さい鳥でこれだけ距離があるとC-700UZのAFとケンコーのテレコンで解像させるのは不可能に近い(きっぱり!)。
[PR]
by papu-papu | 2007-01-12 20:15 | 野鳥
あの~、久しぶりに・・・採集
唐突に
姫路へ行ってきた。
なぜ姫路かというと「ひょうごネブトMAP」の西限が高砂市止まりだったから。
朝9時 2号線とバイパス道を利用して姫路入り。
市街地を過ぎたあたりで適当な山に入った。

取り付きはヒノキ混じりの日当たりの悪い雑木林。
大きな石や倒木が良い按排にコケ蒸していたが、今回はスルー。
大きな切株。キノコに覆い尽くされ何の木だかさっぱり判らん。
b0025738_19574548.jpg

メジロの群れが見え隠れする尾根筋にアカマツの倒木。
どれどれ当たりか?
検分を始めて直ぐにネブトクワガタの上翅(片方だけ)を発見。
メスのものだった。
ここに産みました!って言ってるようなもんである。
b0025738_19303773.jpg

オギャー!
お~懐かしい・・この顔、この尻ダコ。
まだ若齢だが間違いなくネブトクワガタの幼虫だ。
残念ながら成虫は出なかったが、居ることが確認できたのでOK.
全体的に日当たりの良い裸岩地が多く棲息場所はかなりピンと予想される。
まあ、居るには居るが多産地とは言えないという印象。
b0025738_19314624.jpg

南側の岩床地帯の紅葉。
遮光物のない岩から染み出した水が適した環境を作りだしているのか、
辺りはコモウセンゴケのロゼットだらけである。
中には完全に乾燥した裸地にまで勢力を伸ばしているものもいる。
b0025738_2005034.jpg

モウセンゴケ=湿地というイメージだったが、図鑑によるとコモウセンゴケは他の2種(モウセンゴケ、トウカイモウセンゴケ)よりかなり乾燥に強い種のようである。
b0025738_202230.jpg

[PR]
by papu-papu | 2007-01-11 20:15 | くわがた採集話
ホオジロ
b0025738_165338.jpg

芝の上でエサを探しているホオジロのオス。
桜の幹に身を隠し、逃げるなよと念じながらそーっしゃがみこむ。
ホオジロまでおよそ5m。「家政婦は見た」状態で撮った1コマ。

立ち上がって膝を見るとカピカピの犬の糞。
犬は好きだが最近マナーの悪い飼い主を多く目にする。
愛犬の糞の始末くらいせい!
乾いてたからいいようなもんの・・・
[PR]
by papu-papu | 2007-01-08 01:35 | 野鳥
無理やりクワガタネタ・・・腐朽材
b0025738_193687.jpg
よくあるアカマツの腐朽材。
抗菌物質を多く含むアカマツなどの針葉樹に多い赤枯れ(褐色枯れ)材で、セルロースやヘミセルロースは分解されリグニンが分解されていない状態です。画像の材は余り日の当たらない湿潤な場所にあるので水分が多くスポンジのように柔らかく腐ってしまってますが、本来、乾燥するとブロック状に亀裂が入って割れてしまうのが褐色枯れ材の特徴です。ネブトクワガタの材採集を始めた頃、適材の状態が判らずこんな材ばかりを探してたものです。
b0025738_1103419.jpg

因みに広葉樹に多い白枯れ材は分解力の強いサルノコシカケやカワラタケなどに拠ってセルロース、ヘミセルロース、リグニンとも分解された状態ですが、こういった白枯れ材がコガネ系の幼虫によって更に分解されると案外ネブト好みになったりしますから不思議です。
小野市のネブトクワガタ採集地ではコガネムシの幼虫とネブトクワガタ、ミヤマクワガタの幼虫が同居した広葉樹の材が見つかる事が良くありました。
b0025738_1105617.jpg
三田や北神戸辺りでアカマツ材をひっくり返すとアカハライモリやカスミサンショウオの越冬成体に良く出会います。
[PR]
by papu-papu | 2007-01-04 01:18 | 未分類
小さなコケ展
b0025738_18382211.jpg


b0025738_19271772.jpg


b0025738_19274146.jpg


b0025738_19231647.jpg

防護壁の排水口の中でした^^;
[PR]
by papu-papu | 2007-01-02 19:30 | 蘚苔菌
福島大池とキンクロハジロ
b0025738_21395167.jpg

b0025738_21404558.jpg
一羽だけ群れから離れて近くまで泳いで来てくれました。それでも10m強、トリミング画像です。
潜水と浮上を何度も繰り返す姿をぼーっと眺めていた寝不足の午後でした。
[PR]
by papu-papu | 2007-01-01 21:46 | 野鳥


リンク

お気に入りブログ
Kuwamitsu Diary
デジカメ写真術
昆虫ブログ むし探検広場
クワカブ文庫
mituchiiのクワカ...
くろせのはな  今日の花
kazupapaの気まぐ...
くろせの虫 今日の虫
撮影日記
だって おばちゃんだもん
些昆虫記
昆虫情報ブログ
のんびりblog
Lycaenidaeの蝶...
saunterA散歩道

カテゴリ
全体
お知らせ
くわがた飼育話
くわがた採集話
里子達
散策記
森のクラフト
ひょうごネブトMAP
ひょうごのマメ

草花
蘚苔菌
蜘蛛
蝶・蛾
その他の昆虫
お尋ねムシ
カエル
野鳥
葉・芽
未分類

タグ
(8)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック
フタスジカタビロハナカミキリ
from くろせの虫 今日の虫
ツグミ
from くろせの虫 今日の虫
カメムシと格闘
from カメムシ

以前の記事
2015年 04月
2014年 04月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧